「Audible」でよしもと芸人による音声コンテンツが配信されたので早速登録してみた

f:id:haranomachi:20190117165838j:plain

2019年1月16日より、本の朗読を聴いて楽しむサービス「Audible(オーディブル)」にて、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の芸人による音声コンテンツの配信がスタートしました。

 

吉本興業は1月16日、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の芸人を起用した音声コンテンツ制作に参入することを発表。同日より、AmazonグループのAudible社が提供する音声コンテンツ制作・配信サービス「Audible」へ、オリジナルの音声コンテンツの配信をスタートした。

 

引用:吉本興業、音声コンテンツ制作に参入 Audibleにオリジナル配信開始 | ORICON NEWS

 

Audible(オーディブル)とは

 

Audible(オーディブル)とはAmazonグループのAudible社による音声コンテンツ制作・配信サービスで、本の朗読を聴いて楽しむことができます。

 

音声コンテンツは単品購入することで利用できますが、月額1,500円の有料会員に登録すると毎月コインが1つ付与され、好きなコンテンツを1つコインで購入することができます。

 

また、コインを利用しなくても30%引きの料金でコンテンツを購入できる、コインや追加料金なしで楽しむことができる「Audible Station」が利用できるなどの有料会員特典も用意されています。

※コインの有効期限は付与日から6ヶ月間

 

まだ有料会員登録をしていない人向けに30日間の無料体験サービスが提供されていますので興味がある方はチェックしてみてください。

  Audibleの30日間無料体験はこちら  

 

Audibleのよしもと芸人による音声コンテンツ

 

1月16日に配信スタートしたよしもと芸人による音声コンテンツは有料会員が利用できる「Audible Station」で聴くことができます。

 

今回配信がスタートしたのは次の3つです。

 

よしもと芸人音声データ

 

東野幸治によるAudible限定の対談番組。第1回の前半は宮川大助・花子の宮川大助に生い立ちや芸人になるきっかけを聞き、後半は天津・木村を聞き手に招いて東野自身のエピソードを話しています。

 

木村祐一のリアルタイムクッキング

 

木村祐一がオリジナル絶品料理の作り方をリアルタイムで実践しながら教えてくれます。アシスタントには2丁拳銃・川谷修士を迎え、軽快なトークも楽しむことができます。

 

よしもと音声研究所

 

千鳥、天竺鼠・川原、ロバート、ミキ、ジャルジャル、ゆりやんレトリィバァなど人気よしもと芸人のオリジナル企画を聴くことができます。1月16日には9本が配信されました。

 

今後、合計100を超える音声コンテンツが随時配信予定とのこと。

 

早速Audibleに会員登録してみた

 

これまでAudibleの存在は知っていましたが利用に踏み切るきっかけがありませんでした。月額1,500円って結構ハードル高いですし。

 

今回のよしもと芸人による音声コンテンツの配信スタートは自分のとっては良いきっかけだと感じたので30日間の無料体験を始めてみることにしました。

 

まずはこちらのページの「30日間無料体験を試す」ボタンから会員登録をしていきます。すでにAmazonの会員になっている人はそのアカウントを使うことができます。

 

支払い方法を設定します。Amazonの支払いで登録しているクレジットカードをそのまま使用できます。

 

f:id:haranomachi:20190117170623j:plain

 

会員登録が完了すると会員特典であるコインが1つ付与されていました。これで好きなコンテンツを購入することができます。

 

f:id:haranomachi:20190117170650j:plain

 

ですが今回の目的はコイン不要の「Audible Station」なので早速ダウンロードしてみます。

 

f:id:haranomachi:20190117170722j:plain

f:id:haranomachi:20190117170742j:plain

 

Audibleの音声コンテンツはiOS、Android、Windowsのいずれかのアプリで聴くことができるので、使っている端末、環境に合わせてインストールします。

 

▼Audibleアプリをダウンロード

iOSAndroid

 

まとめ

 

Audibleに登録後、当初の目的だった「Audible Station」のよしもと芸人によるオリジナルコンテンツをいくつか聴いてみました。

 

内容の面白さには申し分ありません。特に千鳥による「大悟の煙草百景」はちょっとどうかと思うくらい面白かった!

 

自宅での長時間のデスクワークが多かったり、ランニングが趣味だったりするので、「ながら聴き」できる音声コンテンツが自分にかなり合ってるかなと思いました。

 

そして、お笑い好きとしてもAudible限定のオリジナルコンテンツは非常に嬉しいです。

 

オリジナルコンテンツではないですが、Audibleには松本人志・高須光聖の「放送室」やナイツ漫才コレクション、爆笑問題のツーショットなどお笑いコンテンツも豊富に用意されています。

 

忙しいけれど「ながら聴き」ならできそう、という方にはオススメです。

  Audibleの30日間無料体験はこちら  

 

関連記事:【本の朗読を聴く!】 オーディオブックサービスの「Audible (オーディブル)」と「audiobook.jp」を徹底比較!

関連記事:オーディオブックとは何? 利用するメリット・デメリット、オススメサービスを解説