読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Twitter、返信ツイートの@ユーザー名を140字に含めない仕様変更開始

Twitterで返信ツイートのときの@ユーザー名を140字に含めないという仕様変更が開始されました。

これで誰かへの返信にも140字をフルで使用することができます。

f:id:haranomachi:20170331183826j:plain

返信するユーザー名は本文の140文字には入れませんが、ツイート本文の上には相手の名前が表示されますので、誰に向けて返信しているかをご確認いただけます。

 

引用:返信ツイートにも140文字フルに使えます | Twitter Blogs

 

今回の変更で何が変わったか

 

変更前

下図のように入力フォーム内に@ユーザー名が入っているため残りの文字数も140字に含まれてカウントされていました。

 ↓

f:id:haranomachi:20170331184532j:plain

 

変更後

下図のように@ユーザー名はフォーム外に表示されるようになり、140字には含まれなくなりました。

 ↓

f:id:haranomachi:20170331184603j:plain

 

これによって大きく変わるのが複数のアカウントに対して返信するときですね。

 

本文にユーザー名分の文字数を含めないことで、特に複数の方への返信時などに感じた140文字に収まるかどうかの心配を少し軽減できると考えています。

 

引用:返信ツイートにも140文字フルに使えます | Twitter Blogs

 

例えば2アカウントに対して返信ツイートをするとき、2つのアカウントの@ユーザー名分の文字数が削られていました。返信相手が増えるほど入力できる文字数は少なくなっていたわけです。

 

それが今回の仕様変更で返信相手が増えようがその@ユーザー名は文字数に含まれなくなりました。

 

2アカウントに対しての返信ツイート画面はこんな感じです。返信先を変更したい場合は赤枠部分(@ユーザー名部分)をクリックします。

f:id:haranomachi:20170331184807j:plain

 

「会話に参加中の他のアカウント」のチェックを外せば返信先から除外できます。

f:id:haranomachi:20170331184837j:plain

 

返信先が1つになりました!

f:id:haranomachi:20170331184903j:plain

 

僕自身はあまり返信で100字以上をツイートしたりしないのですが、例えば友だちにURLを送ったりするときは文字数に余裕があると良いかもしれませんね。

 

今回の仕様変更には関係ありませんが、返信ツイートはあくまでツイートです。見ようと思えば誰でも見れるのでご注意を。プライベートなやりとりはダイレクトメッセージやLINE、メールなどを使いましょう。

 

▼Twitterを使う

Twitter
無料
(2017.03.31時点)
posted with ポチレバ