読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紀伊國屋書店ウェブサイトの便利な使い方

ちょっと便利な本の探し方を紹介します。

この方法は「ショナイの話」というテレビ番組でピース・又吉直樹とリサーチャーの方の対談で紹介されていたものです。ふと思い出したので記録として書いておきます。

f:id:haranomachi:20170127223449p:plain

例えば「◯◯についての本」を探したいとき、どうやって探してますか?

 

オーソドックスな探し方としてはGoogleの検索窓に「◯◯ 本」と打ち込んだり、Amazonのカテゴリーを「本」にして「◯◯」を検索したりでしょうか。

 

なんとなくタイトルに「◯◯」が入ったものがたくさん出てきそうですよね。

 

ではタイトルに「◯◯」が入っていないけれど「◯◯」について詳しく書かれた本はどうやって探せばよいのでしょうか。

 

そこで「ショナイの話」で紹介された紀伊國屋書店のウェブサイトを使った方法です。

 

紀伊國屋書店のウェブサイトを使った本の探し方

 

実際にやってみましょう。ここでは例として番組と同様「太宰治」についての本を探してみます。

 

1. 紀伊國屋書店のウェブサイトにアクセスする

 

www.kinokuniya.co.jp

 

2. 「詳細検索はこちら」をクリックする

 

f:id:haranomachi:20170127223754j:plain

 

普通の検索ではなく隣の「詳細検索はこちら」をクリックしてください。

 

3. 詳細検索の「内容キーワード」に調べたい検索ワードを入力する

 

f:id:haranomachi:20170127223902j:plain

 

内容キーワードの入力フォームに調べたい検索ワード(今回の場合は「太宰治」)を入力して検索してください。

 

4. 検索結果を確認する

 

f:id:haranomachi:20170127223929j:plain

 

検索結果の一番上には西加奈子著「舞台」という小説が出てきました。タイトルには太宰治が入っていません。

 

詳細を見てみると内容説明欄には次のように書いてあります。

 

太宰治『人間失格』を愛する29歳の葉太。初めての海外、ガイドブックを丸暗記してニューヨーク旅行に臨むが、初日の盗難で無一文になる。

 

主人公が愛する小説が太宰治の「人間失格」なんですね。

 

こんな場合に良いのではないか

 

いくつかのキーワードでやってみましたが、一見すると全然関係ないような本の中に探していた内容が書かれていたりして面白いですね。

 

例えば何かについて誰にも負けない知識を身につけたい場合、すでに多くの人が知っているものに対して違う切り口でアプローチしたい場合なんかに使える方法なのではないかと思います。

 

本で調べるっていう前提の話ですけどね。